工法について

 「丈夫で安心できる家がいい」という思いは皆さん同じだと思います。日本では、風土や環境そして文化の一つとして木造建築が古くから建てられてきました。そして時代と共にコンクリート・鉄骨・パネルなど様々な素材で住宅を作ることができるようになりました。私たち角田建設の住宅はその中で在来工法(木造軸組工法)をもとに、通気断熱WB工法やスーパーウォール工法を取り入れています。創業当初は移動製材業だったこともあり、山から木を伐り出し、加工し大工職人の繊細な技術で組上げる家を作り続けています。技術が込められた柱や梁は丈夫で自然の素材は人の暮らしにやさしく豊かにしてくれます。時間と共に色合いや風合いが変化するのも日本人の趣に合っています。

   木造軸組工法(在来工法)

古くから伝わる工法で木と木を軸として組み合わせる工法は縦の揺れ横の揺れにも強く丈夫な家とされています。間取りも比較的自由に考えられることからお客様のご要望をできる限り取り入れることができます。

    通気断熱WB工法

気温の変化で反応する形状記憶合金を使った仕組みで、壁の中の空気をコントロール。
夏は、壁の中の空気を流して室内の空気を快適に保ち、冬は、外の空気を遮断し、気密性と断熱性を上げることで、室内の熱を逃がしにくくします。

   スーパーウォール工法

 

リクシルのスーパーウォール(SW)パネルを使用した工法です。

家の中の温度差を少なくする温熱環境や計画換気システムで24時間空気を循環させ、健やかな空気を保つ高気密高断熱の家になります。