全面改修・一部増築


 リフォーム前は対面キッチンだったリビングですが、リフォーム後は壁を作り壁掛けテレビにすることで、光で見えにくいこともなくスッキリ広々とした印象になりました。



リフォーム前の和室は8畳でしたが6畳にしてリビングを広々使えるスペースにしました。



和室から見える景色はリフォーム前のリビングとリフォーム後のリビングダイニングです。ダイニングテーブルの位置に以前は出窓がありましたが増築しキッチンを背面に設置したことで必要なものがちょうどいい場所に収まりました。



 リビングから和室を見た様子です。4枚引き戸を2枚の引き分け戸にしました。壁面を多くすることで棚を置いたりお部屋の印象も全然違います。開けた時の幅は一緒です。



 玄関から階段奥を見渡すとリフォーム前はリビングに続いていましたが、リフォーム後は居室の入り口になっています。以前はキッチンと勝手口があった部分を洋間の居室にすることで、3世代の生活を無理なく送ることができます。今はまだ小さいお孫さんとお母さんがアイロンがけやミシンをする部屋として利用していますが、2階のおじいちゃんとおばあちゃんがいずれ使うことも可能です。居室はトイレやお風呂にも近くその時必要な家族が使用することができる空間になっています。


 洗面脱衣所はリフォーム前のジャロジー窓のところで区切り洗面所を独立させました。脱衣所と分けることで家族が気兼ねなく生活できるようにとご家族の意見を取り入れさせていただきました。今あるものをいかに活かして新しい生活をより良いものできるかというのがリフォームだと思います。そのためにはお客様の気持ちを考えた間取りをいつも私たちは心がけています。